人気のカタログギフト

お祝いにはカタログギフトその4

新郎新婦と列席者の関係性によって、引き出物を分けることは、相手のニーズを考慮していることになりますので、こうしたやり方も人気があるようです。
ちなみに、夫婦、そろっての出席に対しても、本来なら、一人ずつに引き出物を贈るのが礼儀です。
それから、引き出物として人気があるものが、なんと言っても、カタログギフトでしょう。
若い人、年配の方、いろいろな年齢層がいらっしゃるのですから、同じ引き出物でみなさんが喜ぶことは難しいですよね。
ですから、引き出物をもらうほうも、カタログギフトだと嬉しいという人が多いことも率直な気持ちだと思います。
また、カタログギフトの場合、披露宴は欠席したけれど、結婚祝を頂いた方へのお返しとしても人気があります。
お祝いをいただいた方に対してお返しをすることを 「内祝い」と呼びます。
相場は、お祝い金の3分の1から、2分の1程度ですので、それに見合った金額のカタログギフトを選べばよいだけです。
どこの会社のカタログギフトも価格帯がいくつかにわかれていますから、ちょうどよい金額のカタログギフトを「内祝い」としてお返ししましょう。
特に内祝いなどで使われることが多い、三越のカタログギフトは、値段が細かく分かれていて選びやすいことも人気です。
礼儀として、結婚式が終わってから、一ヶ月以内に贈りましょう。
また、結婚内祝いと 同様に、出産祝のお返しも、3分の1程度の品物を内祝いとしてお返しするのが一般的です。
この場合、「のし」には、生まれた子供の名前を書きます。
生後、一ヶ月ぐらいに贈ることが一般的です。

 お祝いにはカタログギフトその4 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi