人気のカタログギフト

お祝いにはカタログギフトその2

「長寿を祝う」ことは、最近では、60を過ぎて「第二の人生をお祝いする」という意味合いもあるそうですね。
昔から、お祝いの品だったと言われる、赤色のちゃんちゃんこですが、現在では、本当にそれを贈ることも少ないでしょう。
何しろ、実用性がありませんからね。
赤色にちなんで、赤いセーターや赤いネクタイ、赤ワインなどをプレゼントする方も多いようです。
もちろん、このように縁起物として赤いものを贈ることも良いですが、現在は、60歳ですと、まだまだみなさん、お若いので、カタログギフトを贈って、好きな品を選んでもらっても良いでしょう。
年配の方に向けたカタログギフトも人気があります。
特に、年配の方に人気があるものは、有名老舗デパートなどのカタログギフトでしょう。
昔ながらの高級感は変わりませんから、喜ばれると思います。
ちなみに60歳の次は、70歳の古希、それから、77歳の喜寿、80歳の傘寿などのお祝いもあります。
それから、お祝いと言えば、知人がお店をオープンした際に贈る開店祝もあります。
知人でなくても会社の取引先の方がお店をオープンしたり、拡張させたり、そうしたお祝い事もあると思います。
また、栄転祝、昇進祝、定年退職祝など、お仕事に関係したお祝い事も多いですよね。
仕事をしている部署に沢山の人がいれば、それだけ、お祝いをする回数も増えてくるでしょう。
また、会社関係の方で、お世話になった人に対して贈るお歳暮やお中元もあります。

 お祝いにはカタログギフトその2 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi